代理店さま専用ページ

English

トップページ » 受託製造 » インド » Sapala Organics Pvt.Ltd

~ SAPALA ORGANICS PRIVATE LIMITED ~

医薬品から電子材料・太陽電池原料まで、新規分子設計のプロ
受託分析にも対応

SAPALA ORGANICSとは


  SAPALA ORGANICSは、2005年、インド、アンドラ・プラデシュ州の州都であるハイデラバード市に設立されました。

 ハイデラバード市は近年、IT産業、バイオ産業、医薬産業の研究開発拠点として知られており、インド政府の支援政策も多い都市です。

SAPALA ORGANICSの責任者は日本人

 同社・取締役社長は日本人です。元日本ファイザー・中央研究所所長、理事を務めるなど、医薬に精通した合成の専門家です。
 インドの最高技術とコストメリットを最大限に活かし、日本人が徹底的に指導した日本のプロセス管理、品質管理で皆様のご要望にお応えします。

多くの海外との実績

医薬、核酸など医薬
 日本、イギリス、アメリカへ実績
ファインケミカル分野(ポリマー研究
 スイスへ実績
太陽電池材料(ルテニウム錯体を中心
 イギリス、イタリアへ実績
ビピリジン、ターピリジン化合物の合成
有機ボロン酸化合物の合成

  SAPALA ORGANICS社は、設立以来、海外のお客様との取引を中心に行ってきました。
 医薬の分野から太陽電池材料、ファインケミカルを幅広い分野着実に実績と信頼を築き、世界中から高い技術的な評価と信頼をいただいています。
 秘密保持契約下、新規分子設計、ラボスケールでの合成、新規プロセス工程開発に対応させていただきます。



得意分野

新規分子設計の研究
合成工程の開発・製造
受託分析 ・ 未知化合物分析
糖化合物 ・ 核酸化合物
有機ボロン酸化合物
太陽電池材料(ルテニウム錯体を中心に
ビピリジン、ターピリジン化合物の合成
複素環化合物
脂肪族酸誘導体
 ケージ化合物、カルセランドの合成
脂肪族に属する医薬品分解物の合成
医薬品代謝物の合成

製品リストはこちら

FTE契約で多くの実績

 FTE(Full Time Equivalent)契約にてお客様より指示頂いたプロジェクトを専属スタッフにて対応いたします。

 FTE契約は一定期間ごとに研究員を専有する契約のため、新規化合物の探索や長期間に及ぶプロジェクトを行う場合、スポット的な契約より低価格でご提案が可能です。

FTEの実績例

  • ライブラリー化合物の合成
  • 医薬品研究過程の中間体(核酸医薬品中間体も含め
    対照化合物合成
  • 医薬を目指した構造活性相関の研究
  • 合成ルート開発研究
  • 色素増感型太陽電池色素の開発
  • 新重合反応開始剤の開発

設備概要

ドラフト24台活用した合成

 従業員数は60名、そのうち、35名が合成の専門家です。
 現在設置されている24台のドラフトをフル活用し、お客様の案件に対応致します。
 今後、ドラフト59台体制に拡張する予定で、拡張後は70名のケミストが同時に研究を行える体制が整い、更に多くの案件を同時に行うことが可能になります。

キロスケール設備の活用

 200L~300L反応器で構成のキロスケール製造設備が2011年中旬から稼働予定です。
 ラボスケール以上の数量の対応や、スケールアップ工程の研究開発も今後行えるように体制を整えます。

受諾分析サービス

6名の分析専門スタッフが種類豊富な自社分析機器で対応致します。

  • NMR( 400 MHz)
  • LC/MS
  • HPLC
  • GC
  • FTIR

IICTとの提携

 ハイデラバードにある国立研究機関、Indian Institute of Chemical Technology(IICT)との提携により、様々な分析機器での対応も可能です。

分析サービス内容

既知物質の分析
  • 定量、定性分析
  • 試験結果のレポート報告
未知物質の分析サービス
  • 定量、定性分析
  • 未知物質の構造式決定
  • 分析条件の検討
  • 結果のレポート報告

製品実績例

Sapala核酸医薬 検討用試薬はこちら
糖化合物例
核酸化合物例
  
ビピリジン・ターピリジン例
  

採用情報