代理店さま専用ページ

English

トップページ » 受託製造 » 東欧・ロシア » チェコ共和国 » Katchem Ltd.

Katchem Ltd.
- チェコ共和国 -

半導体・医薬分野の新規素材として期待されるデカボランの開発・合成サポート

Katchemとは

  プラハにある、チェコ科学アカデミーの無機化学研究所出身、9名の科学者によって1990年にラボ・製造工場が設立されました。

  現在では、チェコ科学アカデミーに所属する科学者13名を中心に、デカボラン、カルボラン化合物から、標識された水素化ホウ素化合物まで、特殊なホウ素化合物の開発・製造を行います。

  現在までに、電子材料(半導体)、医薬分野を中心に、欧州及び日本、米国への販売を行っており、この分野で、世界をリードする企業の一つです。

Katchemの得意分野

電子材料及び医薬品用途への水素化ホウ素化合物
の開発・製造
デカボラン、カルボラン誘導体
ボラジンの製造
ジメチルアミンボラン化合物の開発・製造
ホウ素中性子捕捉療法用化合物の開発・製造
及び用途開発
(Na10BD4, 7Li11BH4, 10B10H14


デカボランの用途

過去

1962年にジボラン(B2H6)の熱分解によって合成され、旧ソ連時代には、ロケット燃料添加剤として、多くの旧東欧諸国で生産

  • ロケット燃料添加剤
  • 重合開始剤

近年

半導体、医薬分野で新しい用途開発が進む

  • 半導体
    1. 毒性、爆発性が非常に高いジボランに代わる炭素を含まない、半導体へのボロン膜コーティング原料(ボロニゼーション法)
    2. 半導体へのホウ素注入原料(デカボランイオン注入法)
    3. アンモニア存在下、Ni薄片上またはCu薄片上への窒化ホウ素の化学蒸着
    4. 水素化ホウ素化合物を用いたポリアミド用触媒開発
  • 医薬
    1. ホウ素中性子捕捉療法(Boron Neutron Capture Therapy(BNCT))
    2. 癌治療用10B同位体濃縮ホウ素化合物の開発・製造
    3. 立体選択的な触媒的水素化反応の触媒
    4. 位置選択的遷移金属触媒の原料

デカボラン化合物 開発サポート

国立科学アカデミーのデカボランの専門家によるフル
サポート

  • デカボラン誘導体の誘導体開発・合成検討が可能
  • ジボラン(同じ水素化ホウ素化合物)誘導体の開発・
    合成検討も可能

分野

  • 半導体原料
  • 医薬品原料
採用情報

プライバシーマーク