代理店さま専用ページ

English

トップページ » 貿易事業 » ライフケア » 医薬品・診断薬 » API(Arevipharma)

Arevipharma

高活性物質、麻酔薬、抗癌薬等幅広い商品群 / 熟練したドイツの合成・製薬技術 / 背景は3年に亘る全社員の社内実務研修制度 / 高い新規API開発能力

Arevipharmaとは

140年の歴史

140年の経験と実績、技術力でサポート

  • Dr. F. von Heyden によりAPI医薬品製造工場として1874年設立
  • 1930年代に設備の近代化を実施
  • 第二次世界大戦後、ドイツ国営製薬会社と合併し、国営企業
  • Arzneimittelwerk Dresdenとして、医薬品製造をスタート
  • 1969年より現在の主要品目となる、精神病用、心臓病用医薬品の研究、製造に注力開始
  • 1990年に民営化後、ASTA Medica グループ傘下に入り、API製造に特化
  • 1997年にFDA審査を実施
  • 1999年に癌治療薬専用ラインが完成、製造を開始
  • 2004年にHexal、2005年にはSandozの傘下に入りAPIを製造
  • 2007年7月にArevipharmaとして独立し、現在に至る
同社会社紹介動画はこちら(英語)

サリチル酸の商業生産世界初の工場

Dr. F. von Heydenによって設立された同社は、世界で初めてサリチルの商業生産を成功させました。
 同社は設立以来、医薬品に特化した工場です。

ドイツで3社のみ許可されている  麻薬製造(麻薬性鎮痛薬)許可工場の一つ

日本では麻薬系APIの製造は厳しく制限されており、ドイツでも同様です。同社は旧東ドイツの時代から麻薬製造をしており、現在もドイツ政府が認可している3認可工場の1社として、麻薬系APIを主力品目の一つとして製造しております。

研究開発・製造は博士号取得の多くのケミストが担当

理論だけではなく現場で実践経験を積んだ博士号取得ケミストを、即戦力として同社は積極的に採用しています。また化学だけではなく生物学、物理学、数学、エンジニアリング、薬学、ビジネス等、その他の専門も広く採用しています。

独自教育システムで研究開発・製造スタッフを自社育成

同社は、研究開発・製造スタッフを独自教育システムで即戦力を養い、熟練育成しています。

■ 研究開発は、まず3年の教育研修受けてから従事
  • 研究開発を担うスタッフは3年間の教育研修を実施
  • 研修の80%は企業での実地研修、20%は化学の基礎理論を学習
    • 3年間の教育研修後、同社社内で6ヵ月間、研究開発助手として従事
    • その中で優秀な人材を正社員として採用する選択採用
■ 製造も同じく、3年の教育研修を受けてから従事
  • 製造を担うスタッフも同様に3年間の教育研修を実施
  • 研修の80%は企業で実地研修、20%は化学の基礎理論を学習
    • 3年間の教育の後、同社社内で6ヵ月間、製造助手として従事
    • その中で優秀な人材正社員として選択採用

DMF取得状況

アメリカ、欧州をはじめ、日本のDMFの登録も行っています。

US-DMF / VMF
登録:7
審査中:3
Japan-DMF
登録:2
ASMF(CTD様式)
登録:32
BfArM(ドイツ連邦医薬品・医療機器庁)
提出:26
CEP
登録:24
CEPs承認:22
   

得意分野

心臓血管作用 中枢神経作用薬 消化器系作用薬
(抗不整脈薬、抗高血圧薬) (抗神経弛緩薬) (プロトンポンプ阻害薬)
疼痛治療・麻酔治療薬 癌治療薬 免疫治療薬
(鎮痛薬、麻酔薬)   (抗ヒスタミン剤、免疫抑制剤)

得意な反応系

アルドール縮合 グリニャール反応* 酸化(オッペナウアー酸化等)
アミノ化/アミド化 ハロゲン化 フリーデル・クラフツ反応*
縮合反応 エステル化/けん化 ディールス・アルダー反応
脱炭酸 リッター反応 アルキル化/アシル化*
ラセミ分割 ストレッカー反応 フォンブラウン反応
転位反応 気相反応*
還元反応*
 触媒 :パラジウム、炭素、ラネーニッケル白金
 水素源:水素化ホウ素ナトリウム、水素化アルミニウムリチウム、水素ガス

*マークは特にArevipharmaが最も得意としている反応です

Arevipharmaでは、下記化合物の取り扱いも可能です。
  • 高活性化合物の取り扱い
  • 腐食性・毒性物質の取り扱い
    オキシ塩化リン、塩化チオニル、シアン化ソーダ、臭化水素、臭化シアン、メチルビニルケトン、クロロギ酸エチル、 エピクロロヒドリン等

製造設備

高活性化合物(HPP)少量バッチプラント
  • 高活性化合物に特化、カスタマイズされた設備
    (年間1トンまで対応)
    • 50L GL反応釜 2基(ガラス/SiCコンデンサー付き)
    • ハステロイ製濾過器
    • 吸入・排気循環システム完備
    • 蒸気、ブライン、窒素、圧縮空気、真空システムなど
    • 必要な設備をすべて完備
高活性化合物用(HPP)マルチパーパスプラント
  • プラント内にR & Dラボ設備完備
  • IPC、QCラボ設備管理
  • 反応釜総体積7.5m3
    • 2.5 m の反応釜(GL)で構成
    • 対応温度 -15℃~160℃対応
    • 対応圧力 1mbar~10bar対応
  • その他
    • 温度管理可能な遠心分離機
    • 減圧乾燥機(閉鎖系でチャージ可能)
    • 吸引・排気の自動モニタリングシステム
    • 排出ガス、排水焼却設備を自社完備
    • 固形廃棄物は認定契約業者で焼却処理
パイロットプラント
  • 50㎏までの小ロットサイズのプロセス開発と製造
    • 反応釜体積3.3m3, 7つの反応釜
    • 250L, 630LのGL 6基、SS 1基反応釜で構成
    • 対応温度 -20℃~160℃対応
    • 対応圧力 1mbar~25bar(水添反応対応)
  • その他
    • ハステロイ製加圧濾過機
    • 精密濾過機
    • 減圧濾過機
    • ハステロイ製遠心分離機
    • 減圧乾燥機
    • 可動式ガラス製造設備(FREWITT製)
マルチパーパスプラント
  • API、医薬品原料に製造
    • 反応釜総体積140m3
    • 1.6 ~ 6.3 m3, 37基の反応釜(GL,SS)で構成
    • 対応温度 -20℃~160℃対応
    • 対応圧力 1mbar~10bar対応
  • その他
    • フィルタードライヤー × 2(SS, HC22)
    • 精密濾過機
    • 減圧濾過機
    • ハステロイ製遠心分離機
    • 減圧乾燥機
    • 可動式ガラス製造設備(FREWITT製)
    • 溶剤貯蔵設備 1,200m3(20種類対応)
採用情報

プライバシーマーク