代理店さま専用ページ

English

トップページ » 貿易事業 » ライフケア » 食品・健康&美容商品» Euromed ユーロメッド 機能性素材 欧米薬局方ハーブ医薬のパイオニア

EUROMED ユーロメッド - スペイン  欧米薬局方ハーブ医薬のパイオニア


Euromed


欧米局方収載の植物由来原薬、そしてサステイナブルな多様な機能性素材のパイオニア

  • 世界トップ、もしくはトップ3のシェアを持つ多くの素材を製造
  • 1971年、欧州で最初に植物由来原薬を、種から管理し始めたトレーサビリティと、品質と供給のサステナビリティを担保した植物由来原薬のパイオニア
  • 欧州薬局方 (EP)、米国薬局方 (USP) 適合の豊富な医薬品原料シリーズ
  • 欧米では医薬品でもノコギリヤシエキス等は日本では食品扱い薬局方認可の品質・効能をそのまま食品素材として提供が可能
  • 長寿食品として世界で人気のある「地中海ダイエット」 の人気食材となるザクロエキス (ポマノックス)イチジクエキス(アバライフ)、アーティチョークエキス (サイナメッド) を機能性食品素材としてシリーズ化
  • 日本では食品扱いでも、欧米では薬局方認可医薬品、長年の販売実績と効能・安全性などの豊富なエビデンス
  • 「廃棄物ゼロ」だけでなく、付加価値をつけるアップサイクル活動も積極的に投資

PDFダウンロード Euromed 製品リスト

EUROMED ユーロメッド 会社紹介

Euromed Balcerona
Euromed Balcerona

 持続可能なビジネスモデルは、今でこそSDGsやESGとして世界で叫ばれておりますが、1971年に世界の植物由来医薬をリードしていたドイツ医薬品会社MADAUS(1919年設立の世界トップ2の植物由来医薬製剤メーカー)が同社が開発した世界初のシリマリン製剤の原薬を種子栽培から管理しなければ、安定した品質と供給が担保できないと設立されたのがスペインのEUROMEDです。

 以来、植物由来医薬の原料植物の種子管理、土壌の管理、肥料管理、そして栽培工程管理等、医薬製造工程管理・GMPだけでなく、その生薬原料の栽培育成管理となる農業生産工程管理・GACPをいち早く取り入れ、品質だけでなく、供給面でも安定した持続可能なサプライチェーンを世界で初めて構築いたしました。

 生薬由来医薬・シリマリンに次いで、欧州薬局方(EP)・米国薬局方(USP)に収載されている排尿改善薬であるノコゴリヤシエキスをはじめ、様々な植物由来医薬の原薬の世界基準を創り上げ、世界最新の薬局方基準作成をリードし続け、今日も薬局方基準を満たさない原料や偽原料をふるい分けできるよう、様々な微量成分の規格基準やその分析方法を提言し、新たな欧州・米国薬局方の新基準に採用されております。

 欧州薬局方、米国薬局方準拠の植物由来原薬を中心に、今では溶剤やエチルアルコールを使用しない環境や人体に易しい独自の水抽出や薄膜濃縮技術を用いた各種機能性素材を世界に供給し、また世界的なブランドメーカーにも機能性化粧品素材を製造供給しております。

 年間5,000トン以上の植物原料を2つの製造拠点で処理しております。一つは、スペイン・バルセロナ(モレットデルヴァレス)、そしてもう一つは欧州の野菜供給拠点として知られるムルシア(モリーナデセグラ)です。

 原料植物の栽培からGACP (農業生産工程管理)ガイドライン に沿って種子から厳しく管理されている完全なトレーサビリティを担保した、品質も供給も持続可能なサステイナブルなサプライチェーンを保証いたします。

PDFダウンロード Euromed 会社紹介

アップサイクル活動  -  「廃棄物ゼロ」だけでなく、製造時残渣から天然染料を開発!

 Euromed社は1971年より欧州で初めて植物由来ハーブ医薬をその原料となる植物の種や栽培から管理を開始したトレーサビリティのパイオニアです。

 抽出後には多くの残渣が出ますが、古くからゼロエミッションを実行し、肥料や畜産分野で再利用をしておりましたが、時代は「廃棄物ゼロ」から付加価値をあげる「アップサイクル」の時代に。 同社のアップサイクル活動は今では天然染料開発へとシフトアップしております。

<参考WEB>


⋆画像をクリックすると原文が開きます。

ユーロメッド社 及び染料・特殊化学品のグローバルリーダーであるアークロマ (Archroma)社
ノコギリヤシ果実エキス製造過程で生成される残渣のアップサイクルに関する取り組み


 米国植物協議会 (ABC: American Botanical Council) の持続可能なハーブプログラムを支援しているユーロメッド社は、ノコギリヤシ果実エキスの製造過程で生成される残渣を活用するプロジェクトを開始。

 本プロジェクトは、ハーブエキス製造のリーディングカンパニーであるユーロメッド社と、農業やハーブ産業等の自然廃棄物由来の生合成繊維染料技術を開発した世界的な染料会社であるアークロマ社との取り組みです。

 ノコギリヤシを最大限に活用するため、ユーロメッド社はノコギリヤシ果実エキスの残渣を利用して、天然色素のようなアップサイクルされた製品のアイデアに焦点を当てました。 アークロマ社は、繊維産業用の自然色を作るため、バイオマス廃棄物をリサイクルし、Earth Colors Rと呼ばれる特許を取得した染料ラインを立ち上げています。

 このプロジェクトでは、ユーロメッド社のノコギリヤシ果実エキスの廃棄物を使用しており、衣類の各アイテムに取り付けられたスマートタグを介し、完全にトレース可能なエコロジカルな染料。 原材料の最大90%は、ノコギリヤシ果実を最大限に利用した後の残渣バイオマスに由来し、廃棄物管理コストと輸送コストは若干増加したものの、プロジェクトが機能することを示しています。

 ユーロメッド社のサイエンティフィック・マーケティング・マネージャーであるAndrea Zangara (アンドレア・ザンガラ) 氏は、「企業では、『廃棄物ゼロ』や、代替包装についての話題が多くなっていますが、ボタニカル産業における栽培・収穫・収穫後の廃棄物の役割についてはあまり注目されていません。 このプロジェクトは、廃棄物に対する革新的なアップサイクルアプローチを示しており、あらゆるレベルで廃棄物の管理に取り組むことが重要です。 優れた計画と決意を持って、小さな取り組みでも、環境の尊重とサステナビリティの文化の促進に貢献することができます。」

 ユーロメッド社では、エキス抽出後の残渣廃棄物を利用した天然由来の染料研究を続けるとともに、その他にも革新的で環境にやさしい廃棄物を利用した開発に挑戦しています。
採用情報

プライバシーマーク